デンマーク王室献上米の「佐藤農園」 JAL受け入れイベントで賑わい – ひがまつうしん|東松島市情報発信メディア

デンマーク王室献上米の「佐藤農園」 JAL受け入れイベントで賑わい

LINEで送る
Pocket

佐藤農園の入口の手作り看板

 

◆JAL受け入れイベントの様子

 

2018年2月23日(金)お天気にも恵まれたこの日。

東松島市大曲にある農家「佐藤農園」で、JAL職員との交流イベントが開催されました。

筆者もそのイベントにお邪魔してきました!

 

佐藤農園JAL受け入れイベントご挨拶

なんと30名近くものJALのみなさんが集まりました!

それもパイロットから、整備士やCAまで、実に様々な職種の方がおいでくださいました。

特に所作が美しい方が数名いらっしゃって、聞かずとも「あ~この人はきっとCAの方なんだろうな~」

なんてのが一発でわかりました(笑)いや~さすがCAさんです!

 

佐藤農園の従業員

挨拶をする佐藤農園のみなさん

 

農業体験も含めた交流となっていましたが、

「腹が減っては戦はできぬ。」の一声で、まずは餅つきが始まりました。

 

佐藤農園とJALでの餅つき

「餅つきは生まれて初めて!」「こどもの時以来!」

なんて方もいたようで、みなさん慣れない手つきながらも楽しそうにもちをついていました。

餅つきの餅を返すところ

もちって美味しいですよね。このつやつやモチモチ感、たまりません。

 

佐藤農園で振る舞われたお雑煮佐藤農園で振る舞われた磯辺焼き

 

 

 

 

 

 

つきたてのもちを、お雑煮と磯辺焼きに(๑´ڡ`๑)

やっぱりつきたては柔らかくて美味です。

そして、佐藤農園さんで生産している「ちぢみほうれん草」のおひたしも振る舞われました!

佐藤農園で振る舞われたちぢみほうれん草のおひたし佐藤農園の振る舞いを楽しむJALの方々

 

 

 

 

 

 

このほうれん草、びっくりするくらい甘い!

おかわりも大量にあり、みなさんお腹いっぱい満足した様子でした。

ごちそうさまでした!

 

さて、お腹は満ち満ちたので、ここらで戦の時間です。

さきほど、おひたしで食べたちぢみほうれん草を収穫します。

ちぢみほうれん草

ちぢみほうれん草は背丈が低く、葉っぱがちぢれています。

一見、不格好なようにも見えますが、果物のように甘くなる冬季限定のほうれん草です。

 

ちぢみほうれん草の収穫

ちぢみほうれん草の収穫をするお姉さま方

 

 

 

 

 

 

はじめはぎこちなかった収穫も、コツを掴むと一気に加速し、大量に収穫できました。

やはり数の力は絶大ですね!

 

ちぢみほうれん草の袋詰ちぢみほうれん草の袋詰

 

 

 

 

 

収穫したちぢみほうれん草を袋詰めしていきます。

 

パック詰めしたちぢみほうれん草

佐藤農園さんから、1人1袋、お持ち帰りのプレゼントでいただきました!

ありがとうございます。美味しくいただきます。

 

賑やかな時間はあっという間に過ぎ、そろそろお別れの時間。

最後に記念撮影でパシャリ。

佐藤農園とJALの集合写真

佐藤農園さん、JALの皆さん、ありがとうございました。

 

 

◆デンマーク王室献上特別栽培米のご紹介

 

デンマーク王室献上米の新苗

 

東日本大震災をきっかけに東松島市と交流が深くなったデンマーク。

佐藤農園さんでは、デンマークの王室にも献上した一級品のお米を、生産・販売しています。

震災後、支援し続けてくださるデンマーク王室や、企業、有志の方々に感謝を込めて。

佐藤農園デンマーク王室献上米ササニシキ【ササニシキ】

無農薬・無化学肥料

手間ひまかけて作られたお米です。

さっぱりした、上品なコメ本来の味わいを楽しめます。

無農薬・無化学肥料なのでアトピーの方にもオススメです。

 

佐藤農園デンマーク王室献上米ひとめぼれ

【ひとめぼれ】

農薬・化学肥料2分の1

ひとめぼれの名に恥じないツヤと、適度な粘り気、口当たりの良さが

魅力のバランスに優れた美味しいお米です。

環境に配慮し、農薬・化学肥料は従来の半分で作られたお米です。

 

詳細はこちらをご覧ください→ 佐藤農園公式Webサイト

LINEで送る
Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください